Archive for the ‘活動状況’ Category

コンディショニングプログラム(1月13日実施)の報告

2022-01-17

令和4年1月13日(木)島津アリーナ京都にて、南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
前半は、バランス立ちや各種スクワットを行い、バランス感覚を養いました。
後半は、小学生、中学生に分かれて活動し、小学生はマット運動やバスケットボールシュート、中学生は、チェックシートを用いた筋力チェックが主な内容でした。
最後のクーリングダウンでは、ゆったりとしたストレッチではなく、動きながら身体を伸ばす動的ストレッチを教わりました。
寒い時期ではありますが、これまで経験したことのない動きもあり、きっず達は活き活きと活動できました。

インテレクチュアルプログラム(1月9日実施)の報告

2022-01-13

令和4年1月9日(日)ホテルルビノ京都堀川にて、インテレクチュアルプログラムを実施しました。
今回は、講師に東京オリンピック陸上競技女子4×100mリレーの登録メンバーである立命館大学生の壹岐あいこ選手を迎え、トップアスリート選手から、競技に対して日頃実践していることや日々の練習に取り組む姿勢などの話を聞くことができました。またグループワークではそれぞれが考えた目標設定について意見交換し、グループごとに発表し合い、お互いの目標についての考え方などを深めることができました。とても貴重な機会となりました。

フィジカルプログラム(12月19日実施)の報告

2021-12-21

令和3年12 月19日(日)同志社大学の陸上競技場及びデイヴィス記念館にて、フィジカルプログラムを実施しました。
小学生の部では、屋外での活動実施となり、気温も低く寒い中での活動となったため、持久力を上げる要素を取り入れたトレーニングメニューを中心に活動しました。ランニングから始まりボール取りゲームやサッカーなど、常に動くことを意識したルールで実施し、しんどい状況の中でも楽しく活動する姿が見られました。
中学生の部においても、小学生の部と同様に、持久力を上げるトレーニングメニューを中心に活動を行いました。チーム対抗によるボール取りゲームではチームで作戦を考えながら、ボールを運んだり、テニスボール回しでも、上履きの裏側を使用して運んでいくゲーム方式となり、扱いにくい中でも、チームでうまくパスをつなぎながらシュートまで持ち込むことができました。本日は終始動きのあるプログラムとなりました。

コンディショニングプログラム(12月4日実施)の報告

2021-12-06

令和3年12月4日(土)府立久美浜高等学校にて、北部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
主な内容は、柔軟チェック、バランス感覚を養うトレーニングでした。
今年度初めての開催のため、柔軟チェックで入念に体の状態を確認した後、体育館の壁を使用して、関節の可動域や筋力チェックもおこないました。
また、テニスボールを使った様々なボールハンドリングに挑戦しました。バランスを保ちながら、投げたボールをキャッチしたり、ボールの数を増やしておこなったり、ペアで協力しながら落ちてくるボールをキャッチするなど、意欲的にチャレンジし、バランス感覚を養う貴重なトレーニングとなりました。

コンディショニングプログラム(12月2日実施)の報告

2021-12-03

令和3年12月2日(木)島津アリーナ京都にて、南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
5つのグループに分かれて活動し、チェックシートを用いた柔軟チェック、マット運動、幅跳び、バスケットボールドリブルなどが主な内容でした。
各グループの中学生が、積極的に小学生に声をかけ、様々な動きに挑戦しました。前回実施した時より、少しずつ動きがよくなっていることを体感しているようでした。

コンディショニングプログラム(11月11日実施)の報告

2021-11-12

         

令和3年11月11日(木)島津アリーナ京都にて、南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
8~10期生(小学生)と5~7期生(中学生)に分かれて活動し、小学生はマット運動、幅跳び、バスケットボールドリブル、中学生は筋力チェック、バスケットボールシュートなどが主な内容でした。
小学生のグループは、声をかけあい元気に活動しました。中学生は筋力チェックシートを見ながら自身の筋力を見直す機会となりました。

フィジカルプログラム(11月7日実施)の報告

2021-11-10

令和3年11月7日(日)同志社大学の陸上競技場及びデイヴィス体育館にて、フィジカルプログラムを実施しました。
天候も良く、きっずたちは元気いっぱい活動に取り組みました。前半の小学生の部では、陸上競技の「ハンマー投げ」にチャレンジしました。身体の使い方やフォームを教わり、慣れてくると遠心力をうまく使って遠くへ投げられるようになりました。普段、なかなか経験することがないため貴重な体験となりました。後半の中学生の部では日が暮れる時間も早くなり、途中で体育館へ移動しての活動となりました。また今回は、前半、後半とも修了生(1期生)が運営協力として参加し、修了生が考案したサーキットリレーにもチャレンジしました。とてもハードなトレーニングメニューであり、息が上がるきっずもいました。

国際経験プログラム(11月6日実施)の報告

2021-11-08

令和3年11月6日(土)ルビノ京都堀川にて10期生(小学4年生)を対象に国際経験プログラムを開催しました。
講師として、びわこ成蹊スポーツ大学の亀本真珠先生に、アシスタントスピーカーとして、マキシミリエン・ザービエル・レーム(愛称:マックス)さんに来ていただきました。
内容は、英語、フランス語、ドイツ語による自己紹介の体験や、マックスさんの国際色豊かな生い立ちや経験をお話しいただきました。
国際的な視野を広げるためには、「決めつけないこと」「思いやりをもつこと」「想像すること」が大切であると学ぶことができました。

リサーチ・ファミリープログラム(10月24日実施)の報告

2021-10-26

令和3年10月24日(日)丸太町リハビリテーションクリニックにて、リサーチプログラム(全きっず対象)並びにファミリープログラム(8期生男子・9期生女子対象)を開催しました。
リサーチプログラムの内容は、診察、身体計測、運動機能測定、コンディショニング指導と個別フィードバックでした。丸太町リハビリテーションクリニック院長の森原徹先生はじめ整形外科医、理学療法士、スポーツ科学指導者や計測員など多くの方に協力いただき実施できました。
ファミリープログラムの内容は、「成長スパート(第二次性徴期)の栄養の取り方と貧血予防」について帝塚山大学の木村祐子先生に説明いただきました。成長期のアスリートに必要な食事や睡眠について詳しく学ぶことができました。

コンディショニングプログラム(10月21日実施)の報告

2021-10-22

令和3年10月21日(木)島津アリーナ京都にて、今年度初めて南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
主な内容は、柔軟チェック、マット運動、幅跳びでした。
柔軟チェックで入念に体の状態を確認した後、マット運動や幅跳びを行いました。
10期生にとっては初体験の内容ばかりでしたが、5期生はじめ先輩達の的確な助言のおかげで、スムーズに活動に入れました。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 2021 京都府教育庁 All Rights Reserved.