Archive for the ‘共通プログラム’ Category

フィジカルプログラム(6月16日実施)の報告

2024-06-19

令和6年6月16日(日)同志社大学京田辺キャンパス、陸上競技場にて、フィジカルプログラムを実施しました。
小学生のプログラムでは、選択活動としてドッジボールとリレーのグループに分かれて活動し、その後、11期生と12期生はやり投げ、13期生はセンサーを装着してボール回しゲームを行いました。活動を通して、先生や大学生にアドバイスをもらいながら工夫する姿が見られました。
中学生のプログラムでは、前半にセンサーを装着してボール回しゲームを行い、後半ではゴム製のソフトハンマーを使用してハンマー投げの体験をしました。普段、触れる機会のない競技を体験することで、専門競技との違いや身体の使い方などを意識しながら取り組むことができました。

 

メディカルサポートプログラム・ファミリープログラム(6月8日実施)の報告

2024-06-11

令和6年6月8日(土)京都JAビルにて、13期生保護者対象にメディカルサポートプログラム・ファミリープログラムを実施しました。
メディカルサポートプログラムでは京都鞍馬口医療センター・スポーツ整形外科センター長、原邦夫先生から「成長期のスポーツ外傷、障害とアンチ・ドーピングの基礎知識」と題して「骨の成長のしくみと障害」や、「ドーピング違反の危険性」について具体例をあげながら、詳しく御講演いただきました。
ファミリープログラムでは木村祐子先生から、「試合期の食事!アレルギーについて」と題して、試合前日・当日の食事から試合後の食事まで何をいつ食べたら良いか、献立等細かく教えていただきました。また、「アレルギーについて」も詳しく御講演いただきました。

 

コンディショニングプログラム(6月6日実施)の報告

2024-06-10

令和6年6月6日(木)島津アリーナ京都にて、南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
最初に全体で、上級生の指示の元チェックシートを用いて柔軟チェックを行いました。  その後は、全体で大縄跳び(一人ずつ、連続跳び、複数人で同時跳び等)、最後にバスケットボールを使用し、各自でシュートやドリブル等に取り組む内容でした。大縄跳びではグループに分かれて、大人数で協力しながら跳ぶメニューがあり、一致団結して積極的に取り組む様子が見られました。

 

 

 

リサーチ・ファミリープログラム(5月26日実施)の報告

2024-05-29

令和6年5月26日(日)丸太町リハビリテーションクリニックにて、リサーチプログラム(全きっず対象)並びにファミリープログラム(13期生保護者対象)を開催しました。
リサーチプログラムの内容は、診察、身体計測、運動機能測定、コンディショニング指導と個別フィードバックでした。丸太町リハビリテーションクリニックの松井先生をはじめ、整形外科医、理学療法士、スポーツ科学指導者や計測員など多くの方に協力いただきました。
ファミリープログラムの内容は、「栄養管理」について帝塚山大学講師の木村祐子先生にご講義いただき、スポーツ選手の食事の基本メニューについて、朝食の大切さやリカバリーの方法、また水分摂取等について詳しくお話をしていただきました。

フィジカルプログラム(5月19日実施)の報告

2024-05-22

令和6年5月19日(日)同志社大学京田辺キャンパスデイヴィス記念体育館にて、フィジカルプログラムを実施しました。
前半の小学生のプログラムでは、初めに集中力テストを行い、その後は、グループに分かれて選択種目(ドッジボール、キックドッジボール、鬼ごっこ)に取り組みました。途中でルールを変更する等、工夫しながら積極的に活動しました。
後半の中学生のプログラムでは、サッカー、バスケットボール、ドッジボールの3種目を行いました。時間配分やルールを自分たちで考え、工夫しながら取り組みました。きっずが主体的に活動やルールを考え、笑顔で実践し、改善していく姿は、非常に頼もしく見えました。

コンディショニングプログラム(5月9日実施)の報告

2024-05-13

令和6年5月9日(木)島津アリーナ京都にて、南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
最初に全体で、上級生の指示の元チェックシートを用いて柔軟チェックを行いました。
その後は、マット運動(前後転、開脚歩き、ブリッジ歩き等)、バスケットボールでのリレー等が主な内容でした。グループに分かれての活動もあり、各グループ応援にも力が入り、積極的に取り組む様子が見られました。
最後には8期生が、「コンディショニングで行っている柔軟を普段から行い、自分の競技に活かせるようにしていきましょう。」とまとめの話をしてくれました。

北部コンディショニングプログラム(4月27日実施)の報告

2024-05-02

令和6年4月27日(土)京都府立丹後緑風高等学校久美浜学舎にて、北部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
主な内容は、柔軟チェック、バランス感覚を養うトレーニングでした。
今年度初めての開催のため、柔軟チェックで入念に体の状態を確認した後、バランス感覚を養うトレーニングをおこないました。マット運動では様々な動きをおこないました。
また、バレーボールを使ってボールハンドリングに挑戦しました。バランスを保ちながら、投げたボールをキャッチしたり、ペアやグループで協力しながら落ちてくるボールをキャッチするなど、各トレーニングにおいて意欲的に取り組みました。

フィジカルプログラム(4月14日実施)の報告

2024-04-17

令和6年4月14日(日)同志社大学京田辺キャンパス、陸上競技場にて、フィジカルプログラムを実施しました。
新たに仲間になる13期生を迎えて、全きっずで行う初めての共通プログラムとなりました。
最初に、グループを作って自己紹介をした後、呼名をしてのキャッチボールや、2人組で様々な種類のボールパスを行いました。
13期生のきっずは最初は緊張していましたが、先輩きっずからの声かけもあり、笑顔でプログラムに取り組むことができました。

コンディショニングプログラム(4月11日実施)の報告

2024-04-15

令和6年4月11日(木)島津アリーナ京都にて、南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
新たに仲間になる13期生を迎えて行う初めての共通プログラムとなりました。
最初に、8期生から全体に向けての意気込みを話してもらい、そのあと13期生の自己紹介がありました。
プログラムでは最初に、上級生の指示の元チェックシートを用いて全員で柔軟チェックを行い、その後はマット運動、ゴム跳び、ボール運動が主な内容でした。
南部の13期生は、初めての参加でしたが、指導者や先輩きっずの的確な助言のおかげで、スムーズに活動に入れ、怪我無く笑顔で活動を行っていました。

ファミリー・オリエンテーションプログラム(4月6日実施)の報告

2024-04-10

令和6年4月6日(土)京都府庁3号館「講堂」にて、ファミリープログラムを行いました。
全きっずの保護者を対象に、日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンス戦略部 開発課 課長 山下 修平 氏に、「アスリートライフスタイルの実践に向けて」と題して、御講演いただきました。アスリートのココロエ(競争心、チャレンジ、創造性、立ち直る力、リスペクト)を身につけることが大切で、保護者としてどのような関わり方をしていくことが重要なのか、ワークを交えながらお話いただきました。保護者の積極的な意見交換の時間もあり、大変貴重なプログラムとなりました。
また、別室では、第13期生のきっずを対象に、オリエンテーションプログラムを行い、これからの活動に向けての準備や、目標設定などを行いました。

« Older Entries

最近のコメント

    お知らせ

    ここはバナー領域です

    Copyright© 2021 京都府教育庁 All Rights Reserved.