Archive for the ‘共通プログラム’ Category

国際経験プログラム(11月19日実施)の報告

2022-11-24

令和4年11月19日(土)ホテルルビノ京都堀川にて11期生(小学4年生)を対象に国際経験プログラムを開催しました。
講師として、びわこ成蹊スポーツ大学の亀本真珠先生に、アシスタントスピーカーとして、マキシミリエン・ザービエル・レーム(愛称:マックス)さん、アシスタント助手としてエコ・ハメルスマさんに来ていただきました。
内容は、英語、フランス語、ドイツ語による自己紹介の体験や、マックスさん、エコさんの国際色豊かな生い立ちや経験をお話しいただきました。
国際的な視野を広げるためには、「決めつけないこと」「思いやりをもつこと」「想像すること」が大切であると学ぶことができました。

フィジカルプログラム(11月13日実施)の報告

2022-11-16

令和4年11月13日(日)同志社大学京田辺キャンパスのデイヴィス体育館にて、フィジカルプログラムを実施しました。
小学生の部では今回もボールサーキットを中心に取り組みました。二人一組でお互いに声を掛け合いながら、様々な種類のパスにチャレンジしました。徐々にお互いの息も合うようになり、慣れてくると与えられた課題をスムーズにやり遂げる姿が見受けられました。また後半はセンサーを装着し、バスケットボールゲームを中心に活動を行いました。最後まで楽しく取り組むことができました。
中学生の部においては、前半にボールサーキットを小学生と同じ内容で取り組み、飲み込みも早く、ほとんどのきっずが上手にこなしていました。また、難しい課題のパスには頭と身体を上手く連動させながらチームワークでチャレンジし成功体験をみんなで味わいました。本日も最後のゲームまで元気よく、みんなで盛り上がりながら活動しました。
小学生、中学生ともに日常生活では体験できない頭と身体を使った運動を行い、非常に有意義なプログラムとなりました。

コンディショニングプログラム(11月10日実施)の報告

2022-11-15

令和4年11月10日(木)島津アリーナ京都にて、南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
まず、全員で柔軟チェックを行い、その後は、小学生と中学生に分かれて活動しました。
小学生はマット運動(後転、大股歩き等)や様々なバランストレーニング、中学生は筋力チェック(腹筋、幅跳び等)を行いました。
また、6期生(中学3年生)を対象としたトレーニング講習もありました。
きっず達はそれぞれのメニューの中で、自分の体と向き合うことができ、非常に有意義なプログラムとなりました。

リサーチ・ファミリープログラム(10月23日実施)の報告

2022-10-28

令和4年10月23日(日)京都橘大学にて、リサーチプログラム(全きっず対象)並びにファミリープログラム(9期生男子・10期生女子対象)を開催しました。
リサーチプログラムの内容は、診察、身体計測、運動機能測定、コンディショニング指導と個別フィードバックでした。丸太町リハビリテーションクリニック院長の森原徹先生はじめ整形外科医、理学療法士、スポーツ科学指導者や計測員など多くの方に協力いただき実施できました。
ファミリープログラムの内容は、「成長スパート(第二次性徴期)の栄養の取り方と貧血予防」について帝塚山大学講師の木村祐子先生に説明いただきました。成長期のアスリートに必要な栄養素、カルシウムや貧血予防の食事について詳しく学ぶことができました。

コンディショニングプログラム(10月20日実施)の報告

2022-10-21

令和4年10月20日(木)島津アリーナ京都にて、南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
最初にチェックシートを用いて柔軟チェックを行い、その後は、小学生と中学生に分かれて活動しました。
小学生はマット運動(片足前転、ブリッジ歩き、三段跳び等)やバスケットボールシュート、中学生は筋力チェック(腹筋、幅跳び等)を行いました。
本プログラムならではの、柔軟性や敏捷性を筋力を高める内容であり、徐々に身体機能が向上してきています。

フィジカルプログラム(10月9日実施)の報告

2022-10-13

令和4年10月9日(日)同志社大学京田辺キャンパスのデイヴィス体育館にて、フィジカルプログラムを実施しました。
小学生の部ではボールサーキットを中心に取り組みました。様々な種類のパスを上手く繋ぐために、お互いに声を掛け合いながら、ボールを出すタイミングを工夫をして活動しました。また後半はセンサーを装着し、ボール回しゲームを中心に活動を行いました。終始楽しく取り組むことができました。
中学生の部においては、体育館のコートを広く使いながら活動しました。特にボールサーキットでは、飲み込みも早く、ほとんどのきっずが上手にこなしていました。また、最後には様々なルール設定を用いてボール回しゲームやバスケットゴールを用いたゲームを行いました。
小学生、中学生ともに日常生活では体験できない頭と身体を使った運動を行い、非常に有意義なプログラムとなりました。

コンディショニングプログラム(9月8日実施)の報告

2022-09-14

令和4年9月8日(木)島津アリーナ京都にて、南部きっず対象のコンディショニングプログラムを開催しました。
最初にチェックシートを用いて柔軟チェックを行い、その後は、小学生と中学生に分かれて活動し、小学生はマット運動やボール投げ、中学生は筋力チェック(腹筋、幅跳び等)を行いました。
日常生活や、競技の練習では動かさない筋や関節を使うことで、体の機能を高める内容でした。
9月に入りましたが、会場の空調を用い、適宜水分補給を行いながら活動しました。

フィジカルプログラム(9月4日実施)の報告

2022-09-06

令和4年9月4日(日)同志社大学京田辺キャンパスの陸上競技場、デイヴィス体育館地下柔道場にて、フィジカルプログラムを実施しました。
小学生の部ではセンサーを装着し、ボール回しゲームを中心に活動を行いました。最初は狭い範囲内での動きでしたが、徐々にお互いに声を掛け合いながら広いスペースを上手く使って、素早くボールを繋げることができるようになり、終始楽しく取り組むことができました。

中学生の部においては、「やり投げ」を中心に活動を行いました。やりを上手くコントロールし、段ボールの的をめがけて投げ込みました。終盤はやりをまっすぐ、遠くまで投げることが出来るようになり、非常に上達しました。後半は雲行きが怪しくなってきたため、場所を移動し、デイヴィス体育館地下柔道場にて、受け身や堅め技を中心に楽しく取り組むことができ、充実した内容となりました。

今回も気温が高く、暑い中での活動でしたが、楽しく充実した活動となりました。

 

 

トレーニングキャンプ(8月27日・28日実施)の報告

2022-09-06

令和4年8月27日(土)~28日(日)、京都サンガスタジアム、府立丹波自然運動公園(京都トレーニングセンター)、府立須知高等学校にて、9・10・11期生きっずを対象にトレーニングキャンプを実施しました。
詳細は 別紙 をご確認ください。

 

フィジカルプログラム(8月7日実施)の報告

2022-08-09

令和4年8月7日(日)同志社大学京田辺キャンパスの陸上競技場にて、フィジカルプログラムを実施しました。
中学生の部では、「大縄跳びやボール回しゲーム」などを中心に、様々なルール設定で取り組み、コツを早くつかみながら、元気いっぱいに活動しました。
小学生の部では、「大縄跳びと鬼ごっこ」を中心に活動しました。大縄では跳び越えるタイミングの取り方やお互いに息を合わせて跳ぶ難しさを体験しながら、上手く跳び越えるのに少し時間はかかりましたが、徐々にお互いのタイミングや息も合うようになり、成功することが出来るようになりました。今回も気温が高く、暑い中での活動となりましたが、楽しく充実した活動となりました。

« Older Entries
Copyright© 2021 京都府教育庁 All Rights Reserved.